お墓に関して

お墓は亡くなった方の遺骨を埋骨する施設です。

長男の系列は先祖代々のお墓を守って行かなければならないので、お墓が有るということです。

しかし分家(次男以降)のご家庭は新規に作らなければお墓が無いのが現状です。

ある程度高齢になると、先々を考えて準備する方もいらっしゃいますが、作ると亡くなるという都市伝説もあり、中々前もって準備する方は少ないのでは無いでしょうか。

現代社会では昔ながらの風習やしきたりを意識せずに、自由に行える時代になって来て、宗教に無縁な生活を送っている方が過半数を超えているように感じます。そのような環境の中でも、生活にゆとりが有る方は一般的な納骨をするためにお墓を作る方はいらっしゃいます。しかし場合によっては、大黒柱を失い、今後の生活に支障をきたすのに、入院費・手術代・介護費・葬儀代・相続税と負担は相当な物になってしまうケースもあります。そのあとにお墓に数百万円と言われても中々難しいことです。 また後継ぎが居ないケースもありますので作っても一代限りであると、お寺や霊園管理側からも後々の後見人について聞かれることとなるでしょう、そのような事を考えるとお墓を作らない、有るけど自分の代で無くしてしまうという事例も出てきています。何とも切ない気持ちになります。どうしたら良いのか。

 

 

 

お墓のシステム

意外と知られていないのが、お墓のシステムです。一部をご紹介いたします。

例えば、菩提寺((ぼだいじ)自分のお寺)にお墓が有る場合ですが、お墓が有る場所は「永代使用」が認められている場所で有りますが、自分たちの土地になった訳ではありません。ですから年に数回の付け届け(護寺会費)なども必要となる訳です。

最初に墓地を求めた際にお寺に収めたお金は「アパートで言えば礼金」です、敷金ではありません。ですから万が一「墓じまい」(そのお寺を離檀しお墓を他に移す)の時には、更地に戻さなければなりませんし、今までお世話に成りましたというお気持ちも添えるのがマナーです。

その点、公営の霊園は無宗教であっても、菩提寺が有る方も無い方も利用ができます、しかし管理費という物を納めなければなりません。霊園まで行く道路や水道などの整備、管理費がかかっているのです。

 

お墓を作る

お墓を作る際には、仏式でお寺を決め、入檀(一つのお寺の檀家(会員)になること)したら、

そのお寺の敷地内に墓地を求め、お墓を作ったほうが良いでしょう。

それは毎回(毎月の人もあれば、年一の方も有るでしょうが)お寺に行き、住職に挨拶し、本堂、位牌堂とお参りし、

そのあとにお墓参りをするとしたら、同じ場所の方が便利です、高齢になった時に感じる事となるでしょう。

無宗派やキリスト教・神式(神道)のご家庭は公営墓地や霊園の選択となります。

菩提寺でお墓を作る際には、そのお寺の指定の石材店が決まっている場合があります、

ご家族のお知り合いの石材店に頼めないケースもありますのでご注意下さい。

公営墓地は指定は無いと思います、石材店にあてが無ければ弊社にご相談下さい、良心的な優良店をご紹介いたします。

お墓は作らない

後継ぎが居ない、自然に帰りたい、予算がないという考え方で、お墓を作らずに遺骨を埋葬しない方もいらっしゃいます。

埋葬は強制ではないのでその選択肢あります。日本の法律では「埋葬法」というルールの中で、埋葬(土に埋める際)は

宗教法人又は公営の墓地に納骨とありますが、

埋葬せずにご自宅に保管するのは違法では無いようです。

また海洋散骨や樹木葬と言われている遺骨を人骨と分からないようにパウダー状にして、撒くのは違法ではないようです。

縛る法律が整備されていないとお聞きしております。

散骨するにはどうしたら良いのか

近年、様々な諸事情でお墓を作らず、散骨という埋葬方法をご希望になる方も

増えております。

散骨には色々と方法はありますが、海洋散骨・樹木葬・宇宙葬などがあります。

 

「海洋散骨」は自分の死後は自然に還りたい、大好きだった海に眠りたい、

など故人の意志や、様々な事情でお悩みの方に最適な方法です。

 

「樹木葬」は山の中に遺骨を埋葬しその上に樹木を植える埋葬方法です。

近年では、ただ単に樹木を植えるだけにとどまらず、故人の好きだった花を植えるなど、多様化してきております。

 

専門業者にお心当たりの無い方は、弊社にご相談ください。

 

「宇宙葬」は遺灰を小さいカプセルに詰め、人工衛星に搭載して宇宙へ打ち上げる散骨の一種です。

遺灰をつんだ人工衛星は、軌道を数か月周回したあと、大気圏内に突入して燃え尽きてしまいます。

アプリが開発されていて、スマートフォンやタブレットで今遺灰が宇宙のどのあたりを移動しているのかを

確認することもできるようです。

24時間365日対応 0120-45-4187 携帯からも繋がります