白寿スタッフblog

2018.04.20更新

皆さんこんにちは、

葬祭ディレクターの本村です。

春のイベント第1弾 「灯籠・お人形供養祭」の

告知です。

 

5/19(土)伊東駅前 シティーホール 白寿において

恒例の人形供養祭と、

今回は 初めて 灯籠供養を併せて開催いたします。

昨今では お客様へのアフターサポートの際、

「灯籠や盆提灯を処分したいけど…」

というご相談を伺う事が 多々あります。

ご葬儀や お盆にお祀りした仏事でのお供物に関しては

やはり 私たちの心の奥底には

おいそれと 物の処分だけでは 済まされない気持ちや

心がいたたまれる気持ちに駆られてしまいます。

単なる 物としてではなく ご供養に一役担ってくれたお供え物として

感謝の気持ちを込めて ご供養をして頂きたいと思います。

 

ご来場の方は 駐車場無料で対応させていただきます。

屋内での開催ですので 雨天決行です。

 

詳細は 白寿葬祭本部 0120-45-4187 または

下記バナーをクリックしてください。

touroubana

投稿者: 白寿 伊東市総合葬祭

2018.03.27更新

皆さんこんにちは。

葬祭ディレクターの本村です。

久々の更新になり、すみません m(__)m


タイトルの通り、

スタッフの間では 通称 白寿マーク と呼んでいましたが

弊社 白寿の ロゴマークを一新しました。

新デザインは、現行のロゴマークに使用している

ピンクの蓮の花のモチーフを残しつつ、

空へ向かって咲き誇った蓮の花をイメージしております。

蓮の花は、同じモチーフがいくつも重なり合うことで

出会いや年月をいくつも重ね 花開いた人生の最期を

お手伝いできるように。と、

白寿らしい思いやりの姿をマークへ込めております。

 

現行ロゴマークのイメージを あえて崩すことなく

アップデートさせた印象になっております。

今後とも 新ロゴマーク共々 白寿をよろしくお願い致します。

 

新旧のロゴ

 

投稿者: 白寿 伊東市総合葬祭

2018.01.03更新

明けましておめでとうございます。

葬祭ディレクターの本村です。

冬至も過ぎ 幾分日が長くなっては来ましたが

寒さも一層 厳しさを増し 冷たく強い北風が吹く日が続いております。

御身体の冷えは 万病の元と言われております。

暖かく身を包み、御身体にはどうぞご自愛くださいませ。

 

さて、タイトルの通りの告知ですが…

「WEB生前相談」を開設いたしました。

ご来場いただかなくとも、生前相談(事前相談)を行うことができます。

もちろん、ご来場やお電話でも応対はさせていただいておりますが、

遠隔地の方や お仕事の都合や お時間の無い方などは、

さらにお気軽にご相談を行うことができる事と存じます。

WEB生前相談 バナーをクリックで 入力フォームにジャンプします。

 

- - - - - 白 寿 営 業 日 - - - - -

白寿葬祭本部は、年中無休 24時間 営業をしております。

伊東駅前の 白寿ショールームは、4日からの営業となります。

併せて ご案内申し上げます。

投稿者: 白寿 伊東市総合葬祭

2017.12.11更新

こんにちは、葬祭ディレクターの本村です。

山々の初雪の便りも聞こえる 今日この頃ですが、

伊東市は 風が非常に強く 落ち葉舞い散る月曜日を迎えております。

 

さて、昨日 12/10に シティーホール白寿で開催いたしました

合同供養祭には 多くの方々がご供養にお越しいただき

この場をお借りして 厚く御礼を申し上げます。

 

八幡野 大江院様の心のこもった読経や

皆様方の手厚いご焼香やお祈りの気持ちにより

お人形さんたちも

安寧の気持ちで穏やかに安らかに

旅立たれたのではないかと感じております。

 

次回は、春の開催となりますが

詳細が決まり次第、白寿HP・伊豆新聞3面にて

告知をさせていただきます。

合同供養祭

投稿者: 白寿 伊東市総合葬祭

2017.11.17更新

皆様、おはようございます。

白寿葬祭本部の 本村です。

今朝の伊東市は、とても寒く

天気予報通りの 寒さが厳しい朝となりました。

これから 本格的な寒さに向かう時節、

風邪など召されませぬようご自愛くださいませ。

 

今回は 多くの方より お問い合わせをいただいております

人形・写真・ペット 合同供養祭 の再告知をさせていただきます。

 

供養祭バナー

12月10日 日曜日

JR伊東駅前 シティーホール白寿にて

(伊東市湯川1-13-22)

合同供養祭 を開催いたします。

今回は、お人形・遺影(写真)・ペットのご供養として

僧侶の読経のもと ご供養祭を執り行います。

 

●人形・遺影(写真)供養

ご供養料 1口 1,000円(税込)

当日 シティーホール白寿にお持ちいただくか

当日のご来場ができない方は

吉田の セレモニーホール白寿に

お持ちください。(無休 9時~15時まで)

お預かりし 当日のご供養にお祀り致します。

 

●ペット供養

ご供養料 1口 1,000円(税込)

当日 シティーホール白寿に

ご遺骨または想い出の品

(リード・写真・お位牌など)をお持ちください。

当日のご来場ができない方は

吉田の セレモニーホール白寿に

お持ちください。(無休 9時~15時まで)

お預かりし 当日のご供養にお祀り致します。

ただし、ご遺骨は 読経後に お持ち帰りいただきます。

供養祭フライヤー

皆様 お誘いあわせのうえ 是非 ご供養に足をお運びくださいませ。

お問合せは… 白寿葬祭本部 0557(45)8910 までお願いします。

 

投稿者: 白寿 伊東市総合葬祭

2017.11.01更新

こんにちは。葬祭スタッフのK・Oです。

 

日も短くなりすっかりと寒くなってきましたね。ストーブなど暖房器具をもう出したというご家庭も多いと思います。

11月7日ごろには『立冬』もあり暦の上では冬となります。

これからさらに冷え込む日が続きますね。

1

 

しかし冬は食べ物がおいしい季節でもあります。

お鍋や海産物など旬な食材も多く楽しみも多いですね。

体調管理や病気の予防に今まで以上に気を使い

楽しくおいしく冬を満喫したいものです。

 

 2

投稿者: 白寿 伊東市総合葬祭

2017.10.29更新

こんにちは。葬祭スタッフのK・Oです。

 

皆さんはお墓参りする時期や用意すべきもの、作法をご存知でしょうか?

今回はお墓参りに関する事柄についてお話しさせていただこうと思います。

 

一般的にお墓参りする時期は5通りあります。

①お盆(8月13日もしくはその前)

②お彼岸(主に春分の日・秋分の日)

③年末

④命日

⑤月命日(毎月のお亡くなりになられた日にち)

5通りと言っても計年16回にもなります。

ですのでお盆とお彼岸は優先度が高いものの後はお気持ちとご家庭のご都合により

時期を決めてもいいでしょう。

お坊さんいわくいつでも思い立った時、都合がいい時にお墓参りしていただいてかまいせんとお話もありました。

 :

 

 

 

次にお墓参りするべき時間ですがこちらは午前中がもっとも良いとされています。

これは大事な要件を後回しにしないということと夕方から夜にかかると逢魔が時といい

よくないものがよりつくとされているからでそうです。

しかし地域によっては夜にお墓参りしたり、

仏教の教えでは本来は幽霊というものは存在しないこととなっていたり、

そこまでこだわる必要もないみたいですね。

天候やご自分の都合がいい時にお墓参りに向かうのがいいでしょうね。

 

 

そして次にお墓参りに際のお作法です。

まず用意するものですが

①お供え物

生前好きだったくだもの、お菓子、飲み物など

②掃除道具

スポンジ、たわし、ぞうきん、歯ブラシ、シャベル、 鎌、植木ばさみ、ザル、ゴミ袋、など

③仏具など

数珠・生花・線香・ローソク・マッチ

バケツやほうき、ちりとり、ひしゃくなどはお寺でお借りすることができると思います。

こちらのものをお借りする際は他の参拝される方も使いますので丁寧に扱いマナーを守りましょう。

 

お作法とお墓参りの手順は

①手を洗い清める

② 手桶に水を汲んでお墓に向かう

③ お墓の前で一礼し、お墓の周りや墓石を掃除する

墓石の周りの雑草やごみを片付け、花立やなどを掃除してから

墓石を水でしっかりと磨きましょう。

④ 線香やお供え物を供え、拝礼する

この際、食物・飲物については動物に荒らされる原因になるためお持ち帰りになるか、

お寺に確認するようにしましょう。

 

ゆ

 

いろいろお話させていただきましたが言うまでもなくお墓参りに1番必要なのは皆様方のお気持ちです。

マナーや作法よりもご先祖様にしっかりと顔向けできるように日々を過ごし、

故人によろこんでいただけるようにしたいものです。

 

長文にお付き合いくださり誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

投稿者: 白寿 伊東市総合葬祭

2017.10.25更新

こんにちは。葬祭スタッフのK・Oです。

 

本日25日付で伊豆新聞にて当ブログの広告を掲載させていただきました。

伊豆新聞・白寿blogともにご覧いただきありがとうございます。

今回は白寿が運営させていただいている通販サイト『イフネットショップ』のご紹介をさせていただきます。

イフネットショップでは様々なお葬式に関する商品や法事用の仏具などをご用意させていただいております。

 バナー

 

 今回はその中でも今おすすめさせていただいている商品をいくつかご紹介させていただきます。

 

『ミニ骨壺 セレクトシリーズ』

k

 

『後飾り仏具パール(ブルー・ピンク)』

写真

どちらの商品も仏具とは思えない華やかな色彩となっており、ご自宅用のお手元の仏具としてとても人気のある商品です。

昨今ではペット用の仏具としてもご利用される方が多く、

今現在ご自宅に昔飼われてたペットのお骨やご遺影があるご家庭にピッタリの商品となっております。

 

他にも様々な商品をご用意しておりますのでお時間あればサイトにアクセス頂ければ幸いです。

 

長文にお付き合いくださり誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

投稿者: 白寿 伊東市総合葬祭

2017.10.25更新

こんにちは。葬祭スタッフのK・Oです。

最近季節の変わり目のせいか気温の変化や天候の移り変わりが著しいですね。

このような季節は体調を崩される方がとても多いです。

縁起でもありませんがそのまま最悪のケースに発展してしまうという方も中にはいらっしゃいます・・・。

気温差による自律神経の負担や体調の変化が主な原因となります。

そこで風邪の予防はもちろんとしていろいろな対策をご紹介させていただこうと思います。

 

①丈夫な体作り

風邪の予防で一番効果的なのは体作りです。

適度な運動とバランスのいい食事を心がけたいですね。

風邪の予防に効果的な栄養素は

・ビタミンA,B,C,E(緑黄色野菜、根菜、豆類)

・たんぱく質(肉類、魚類、大豆類、卵類、乳製品)

・ミネラル(きのこ類)

になります。

 やさい

 

②疲労の蓄積や睡眠不足を避ける

疲労や睡眠不足は免疫機能を下げる大きな原因です。

疲れがたまってると自覚しながら無理に出掛けると体調に悪影響を及ぼします。

体調が崩れるとそれこそ時間の無駄になってしまいます。

上手に時間と体調をコントロールしていきたいですね。

 

 すい

 

③人ごみや密室を避ける

いろいろな人がいる環境はどのようなウィルスがいるのかわかりません。

中には風邪をひいてしまっている人もいるかもしれません。

できるだけ人ごみを避け仕方のない場合でもマスクをして帰宅後にうがい、手洗いをするなど対策をしましょう。

 

 ひと

 

後は細かい点ですが『熱いお風呂に入る』『室内の湿度に気をつける』『汗をかいたままにしない』

など簡単にできることも多いです。

 

ここから冬にかけさらに寒くなってきます。

体調管理をしっかりと行いしっかりと冬に備えたいものです。

 

長文にお付き合いくださり誠にありがとうございました。

投稿者: 白寿 伊東市総合葬祭

2017.10.18更新

こんにちは。葬祭スタッフのK・Oです。

今回は『終活』というキーワードについてご紹介させていただきます。

最近テレビや本でよく目にする『終活』ですが、

主にご本人様がご自分の最期に備えていろいろな準備をするもののことです。

具体的には

〇『生前準備』

遺言・エンディングノートをつくる

どのような葬儀にしたいか、また財産分与や遺産相続などの方法を事前に親族・代理人などに伝えておく。

意思表示ができないような障害を負ったり認知症の症状が出ると手遅れになることもあります。その前に準備しておくことが大切です。

また相続税など後々面倒になりがちな事柄に対しての対応もスムーズなります。弁護士などに相談・依頼するのも1つの手です。

〇『生前整理』

お体が動ける間に、身の回りの品・物件などの整理を行う。これにはデジカメ内の写真やインターネット上の貨幣などデジタル財産も含まれます。

また形あるものだけでなくご友人やご親戚など人間関係の整理や借金などの清算・見直しも必要です。

〇『介護・最期を看取ってくれる方の確認』

人によって最期の場所・看取ってくれる方はそれぞれ違います。

老人ホームに入居したり。ご自宅で介護をしてもらったりなどご自分の希望と周りの家族の意思を改めて確認する必要があります。

最近では不自然な延命行為は希望しない方も増えています。ご自分の意思表示をしっかりと行い孤独死や無縁死は避けたいものです。

〇『葬儀』

ご自分の葬儀はどのような形で行いたいかをご家族に伝える。また葬儀にはどのような種類があるか知っておくことも大切です。

最近では経済的な事情や核家族化の影響もありご家族やごく親しい方たちのみで行う家族葬など葬儀もスケールダウンしてきています。

生前にご家族皆様で話し合うのも1つの手です。菩提寺があれば寺院様とお話するのもいいでしょう。

〇『埋葬』

最期にお骨になったご自身をどのように祀って欲しいかをご家族に伝える。

一般的にはお寺もしくは共同墓地などに埋葬という形になりますが、

最近では樹木の下に合祀で埋葬する自然葬や海洋散骨・お骨を石に加工するなど様々な埋葬方式があります。

〇『記録』

ご自身が生きた記録・足跡をまとめる。

最近では自費出版で本にする方も多いです。最後にご家族の方が見返して楽しんでもらえるような記録を残しておきたいものです。

 

この他にも遺影のお写真を事前に用意したりなど簡単にできることもあります。

葬儀に関しては事前に私どもが相談にのりますのでお気軽にお電話ください。

 

長文にお付き合いくださり誠にありがとうございました。

 

 

 

投稿者: 白寿 伊東市総合葬祭

前へ
24時間365日対応 0120-45-4187 携帯からも繋がります